とんみんくんのオススメ

チェーン・ポイズン 【本多 孝好】

チェーン・ポイズンチェーン・ポイズン
(2008/10/30)
本多 孝好

商品詳細を見る

誰にも求められず、愛されず、歯車以下の会社での日々。簡単に想像できる定年までの生活は、絶望的な未来そのものだった。死への憧れを募らせる孤独な女性にかけられた、謎の人物からのささやき。「本当に死ぬ気なら、1年待ちませんか?1年頑張ったご褒美を差し上げます」それは決して悪い取り引きではないように思われた―。新境地を開いた驚愕のミステリー。 死に焦がれる一人の女性の一年間と、その一年後に連続自殺事件を追う週刊誌記者。違う時間を生きる、会ったこともない二人が交錯する。誰にも求められず、愛されず、歯車以下の会社での日々。簡単に想像できる定年までの生活は、絶望的な未来そのものだった。死への憧れを募らせる孤独な女性にかけられた、謎の人物からのささやき。「本当に死ぬ気なら、一年待ちませんか? 一年頑張ったご褒美を差し上げます」それは決して悪い取り引きではないように思われた―。
 今まで読んだことのないような斬新な構成になっています。見事に引き込まれ一気に読んでしまいました。最後のどんでん返しは驚愕のミステリーにふさわしいラストになっています。
ミステリー小説なんですが、ミステリーの境地を超えた「生」と言うテーマが、根底に流れているように思います。「死」というテーマを全面に押し出し「生」の意味を考える。すばらしい構成になっています。
 死に焦がれ一年間の月日を生きた女性の一年後の決断とは?果たして毒薬の連鎖は断ち切れたのか?ミステリーを超えた驚愕の結末をあなたも感じてみてください。
posted by tonmin at 00:57 | Comment(1) | TrackBack(4) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
本多孝好さんはFINEDAYSも読み応えがあって、好きです。

新作も是非読んでみたいです。
Posted by monkeywalk at 2009年02月27日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【チェーン・ポイズン】 本多孝好 著
Excerpt: 『二十歳の原点』。著者、高野悦子。二十歳六ヶ月で鉄道自殺を遂げる。この意味するものはいったい何[:!?:]  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2009-01-25 10:07

チェーン・ポイズン
Excerpt: 装幀は高柳雅人。講談社創業百周年記念出版「書き下ろし百冊」第1弾。 自殺を決めた女性の一年間と、不審な連続自殺を追う記者。視点が交錯...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-01-26 21:10

本多孝好著『真夜中の五分前』
Excerpt: 本多孝好著『真夜中の五分前』を読みました。 異性を愛するって、どう言うことなのか
Weblog: さざまるの雑記
Tracked: 2009-02-26 09:56

『チェーン・ポイズン』本多孝好
Excerpt: 「人はみな孤独です。誰だって一人分の孤独を抱えている。そんなものに重いも軽いもない。等しく一人分の孤独を、みんな抱えているんですよ。一人分の孤独になら耐えられる。そういう耐性を人間は備えているはずです..
Weblog: 今夜、地球の裏側で
Tracked: 2009-03-02 23:14