とんみんくんのオススメ

少女【湊かなえ】

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)
(2009/01/23)
湊 かなえ

商品詳細を見る

高2の夏休み前、由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。
彼女はかつて親友の自殺を目にしたというのだ。
その告白に魅せられた二人の胸にある思いが浮かぶ――「人が死ぬ瞬間を見たい」。
由紀は病院へボランティアに行き、重病の少年の死を、敦子は老人ホームで手伝いをし、入居者の死を目撃しようとする。
少女たちの無垢な好奇心から始まった夏が、複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは?
 2人の少女の友情。これは、表のテーマです。少女たちの友情は、最後には固く結ばれます。そういう意味では友情物語。
でも底辺に流れる裏テーマがあります。
 始まりからインパクトがあります。第一章”遺書”そして終章の”遺書・つづき”まで一気に読ませます。そして遺書(第一章)へと戻る見事な構成。これには脱帽です。
 前作「告白」ほどの派手さはないですが、終章まで読んで、それまでの登場人物(少女たちとおじさんたちと少年たち)が見事につながるのです。これには、鳥肌がたちます。
 そして裏テーマとして底辺に流れている「因果應報」。このテーマには前作同様重いです。でも考えさせられます。当然といえば当然の結末かも?
posted by tonmin at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。