とんみんくんのオススメ

ブラックペアン1988【海堂尊】

ブラックペアン1988ブラックペアン1988
(2007/09/21)
海堂 尊

商品詳細を見る

外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。「チーム・バチスタの栄光」の約20年前の同病院外科が舞台です。高階病院長の若かりし頃の勇姿が描かれています。
神の手と言われる、佐伯教授。帝華大学から来た講師、高階講師(通称阿修羅)、優秀な外科医であるのに関わらず、変わり者で、万年ヒラの渡海医師(通称悪魔)そして語り手、研修医、世良。
癌告知の姿勢、高階の新技術導入の波紋、渡海、佐伯の感情などが入り乱れ展開していきます。
 「ペアン」とは止血鉤子のこと。通常はシルバーですが、佐伯教授の手術器具には必ず一本のブラックペアンが並べられています。
この黒のペアンの意味は後半重要なキーワードとなっています。
 速水、島津、田口、藤原婦長、猫田、花房等々「バチスタ」以来の登場人物の20年前の話としても面白く読めました。
「バチスタ」「ナイチンゲールの沈黙」「ジェネラル・ルージュの凱旋」と一連の作品を読破してからだと一段と面白く読めるでしょう。
posted by tonmin at 20:08 | Comment(3) | TrackBack(3) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBいただき、ありがとうございます^^
当方の「ひかりの剣」の記事にトラバされているようなのですが・・・いいですか?

ブラックペアン、感動の1冊だったと思います。私もTBさせて頂きます。
Posted by lazyMiki at 2009年02月17日 00:56
TBありがとうございました!
海堂尊の作品は面白いのが多くて、注目しております。
こちらからもTBさせていただきました。
よろしくお願いいたします〜(^^)
Posted by sana at 2009年02月21日 17:24
初めまして、TBありがとうございました!
ちなみに「ナイチンゲールの沈黙」はまだ未読ですが^^;
 この前、たまたまTVで海堂氏が出演されてる番組で手塚治虫の『ブラックジャック』について語っておられましたが、とても深いお話でその影響を受けてるんだなと、感じました。
Posted by ノイ at 2009年02月22日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114249750

この記事へのトラックバック

ブラックペアン1988/海堂尊
Excerpt: すばらし〜い! この作家さんには毎度毎度楽しませて頂いてますが、今回はまた格別。 ブラックペアン1988/海堂尊(講談社) さてまず確認ですが。 「ペアン」て何でしょう? お医者..
Weblog: ここから
Tracked: 2009-02-17 00:54

小説「チーム・バチスタの栄光」シリーズ
Excerpt:  現役医師である海堂尊による小説「チーム・バチスタの栄光」、「ナイチンゲールの沈
Weblog: Serendipity !
Tracked: 2009-02-18 21:00

「ブラックペアン1988」
Excerpt: 海堂尊「ブラックペアン1988」講談社 ストレートな医療物という印象。 天才外科
Weblog: スローな読書ライフ
Tracked: 2009-02-21 16:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。