とんみんくんのオススメ

流星の絆【東野圭吾】

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。「兄貴、妹は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」14年後―彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。息もつかせぬ展開、張り巡らされた伏線、驚きの真相、涙がとまらないラスト。すべての東野作品を超えた現代エンタメの最高峰 3人の兄妹(功一、泰輔、静奈)は、ペルセウルス座流星群を見るため夜中に家を抜けだします。
その日はあいにくの雨で流星群を見ることが出来ず帰宅するのですが、両親の無残な姿が…。
 泰輔が見た、現場から立ち去る男、現場に残されたビニール傘、手がかりはあるのですが、犯人逮捕にはつながらず事件から14年の歳月が過ぎます。
 ひっそりと肩寄せ合ってきた三人は、静奈の美貌を利用した詐欺師としてで生きていきます。詐欺師から足を洗う為に最後に選んだターゲットが、『とがみ亭』の御曹司・戸神行成。功一のたてた作戦で、泰輔と静奈は行成に近づきます。しかしターゲットの父親は、泰輔が、あの夜に目撃したあの男でした。
 両親の敵討ちへと作戦を変更し、戸神行成を味方に付け父を追い詰めていくのですが・・・最後の最後まで息もつかせぬ展開です。これ以上は、読んでから・・


タグ:小説 流星
posted by tonmin at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(2) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

m41f1Fv7DfF8
Excerpt: 流星!今日の格言三国志大戦3 【荒くれ】 先生より先に流星で覇者を目指す Pa...
Weblog: 流星
Tracked: 2009-02-17 15:13

m41f1Fa0F58BFgFB
Excerpt: 流星について調べています。いろいろありますなぁ ブログで拾ってみました。とりあ...
Weblog: 流星
Tracked: 2009-02-17 19:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。