とんみんくんのオススメ

有頂天家族【森見登美彦】

有頂天家族有頂天家族
(2007/09/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

時は現代。下鴨神社糺ノ森には平安時代から続く狸の一族が暮らしていた。今は亡き父の威光消えゆくなか、下鴨四兄弟はある時は「腐れ大学生」、ある時は「虎」にと様々に化け、京都の街を縦横無尽に駆けめぐり、一族の誇りを保とうとしている。敵対する夷川家、半人間・半天狗の「弁天」、すっかり落ちぶれて出町柳に逼塞している天狗「赤玉先生」――。多様なキャラクターたちも魅力の、奇想天外そして時に切ない壮大な青春ファンタジー。

京都・洛中が舞台です。人間、天狗、狸がおりなすファンタジーの世界。赤玉ポートワインを燃料とする空飛ぶ奥座敷なんて素敵だと思いました。それと偽電気ブラン。一度飲んでみたいです。モリミワールド全開の展開に一気に読んでしまいました。


posted by tonmin at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(2) | エンターテーメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【有頂天家族】 森見登美彦 著
Excerpt: うさんくさい本です。 何しろ、主人公が京都の「狸」ですから… 糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2009-03-17 09:37

森見登美彦『有頂天家族』
Excerpt: 今回は森見登美彦『有頂天家族』です。 『有頂天家族』は幻冬舎より2007年9月刊行。まだ文庫化されておりません。 「BOOK」データベースより抜粋 『糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父..
Weblog: 初心者のための読書ガイド
Tracked: 2009-03-19 11:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。