とんみんくんのオススメ

プリンセス・トヨトミ【万城目学】

プリンセス・トヨトミプリンセス・トヨトミ
(2009/02/26)
万城目 学

商品詳細を見る

このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった―。前代未聞、驚天動地のエンターテインメント、始動。
『鴨川ホルモー』テレビスポット「ゲロンチョリー篇」京都を舞台にした”鴨川ホルモー”では、「鬼」、奈良を舞台にした”鹿男あをによし”では「鹿」そして大阪を舞台にした”プリンセス・トヨトミ”では、やっぱりこれでしょう。大阪の男たちが立ち上がる時、守り続けた物を誰も見たことなくても一つになれる400年間語り継がれた歴史を感じます。そして、常に東京を意識しライバル視している大阪人の心意気を感じます。でも一番は、それを知りつつ黙って見守る大阪の女たちかな。

posted by tonmin at 01:32 | Comment(1) | TrackBack(5) | エンターテーメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私も大阪の女たちが一番と思いました(^^)
Posted by たいむ at 2009年04月01日 18:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116124874

この記事へのトラックバック

「プリンセス・トヨトミ」 万城目 学(著)
Excerpt: 『鴨川ホルモー』&『ホルモー六景』の京都、『鹿男あをによし』の奈良に続き、遂に”マキメ・関西シリーズ”に大阪が登場!毎度まいど「まさか!」と俄かには信じ難い”真実”がリアル社会と平行して存在しているフ..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2009-04-01 18:13

プリンセス・トヨトミ/万城目学
Excerpt: 本ネタ、ためちゃいました。 感想文自体は、読んで比較的すぐ書いてあったのですが。 今日は全部UPしちゃいましょ。 先月末に発売されたこの本、図書館での順番待ちを長々することもなく早々..
Weblog: ここから
Tracked: 2009-04-01 21:11

「鴨川ホルモー」
Excerpt: 「鴨川ホルモー」試写会 よみうりホールで鑑賞 もう!あまりにくだらなすぎて、お馬鹿すぎて思わず笑ってしまいました。 それも、大声出してしまいました。 それでも、私の笑い声なんか小さくて場内響..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2009-04-01 21:35

『プリンセス・トヨトミ』(万城目学) 【感想&書評】
Excerpt: プリンセス・トヨトミ万城目学文藝春秋 2009-02-26売り上げランキング : 361おすすめ平均 Amazonで詳しく見る あらすじ このことは誰も知らない...
Weblog: Book A GoGo!!! 〜本の読書感想ブログ〜
Tracked: 2009-04-16 21:50

プリンセス・トヨトミ<万城目学>−(本:2009年読了)−
Excerpt: プリンセス・トヨトミクチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2009/2/26) # ISBN-10: 416327880X 評価:88点 大阪の男のバカさ加減をしっかり書いてく..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2009-11-28 01:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。