とんみんくんのオススメ

ジーン・ワルツ【海堂 尊】

ジーン・ワルツジーン・ワルツ
(2008/03)
海堂 尊

商品詳細を見る

桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、事情を抱えた五人の妊婦がおとずれる。一方、先輩の清川医師は理恵が代理母出産に手を染めたとの噂を聞きつけ、真相を追うが…。

日本では認められてない代理母出産に問題定義した作品です。『医学のたまご』の薫君の誕生秘話でもあります。医療崩壊、少子化問題、代理母出産など旬の問題も多く取り上げてあり非常に考えさせられます。最後の妊婦の同時出産シーンは圧巻です。やっぱり生命の誕生はやっぱり尊いものですネ。


タグ:医学 医療 出産
posted by tonmin at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。