とんみんくんのオススメ

空白の叫び【貫井 徳郎】

空白の叫び 上空白の叫び 上
(2006/08/25)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

空白の叫び 下空白の叫び 下
(2006/08/25)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

久藤美也は自分の容姿や頭脳が凡庸なことを嫌悪している。頭脳は明晰、経済的にも容姿にも恵まれている葛城拓馬だが、決して奢ることもなく常に冷静で淡々としている。神原尚彦は両親との縁が薄く、自分の境遇を不公平と感じている。〈上巻〉第一部ではこの3人の中学生が殺人者になるまでを、その内面を克明にたどりながら描く。その3人が同じ少年院に収容されて出会うのが第二部。過酷で陰湿な仕打ちで心が壊されていく中、3人の間には不思議な連帯感が生まれる。〈下巻〉第三部。少年院を退院した彼らはそれぞれ自分の生活を取り戻そうとするが、周囲の目は冷たく、徐々に行き場をなくしていく。そして、再び3人が出会う日がくる。 少年犯罪を少年の視点から描いた、新機軸のクライムノベル。


境遇も性格も異なる三人の少年たちが、あるきっかけで衝動的に殺人者となる。三人が殺人者となるまでを描いた第一部。少年たちの心の闇を描いたストーリーにはなっていますが、あまりにも短絡的行動のように思います。
そして、三人が少年院で出会う第二部。更正とは名ばかりの苛めと仕打ち。それぞれの方法でその中を生き抜く最年少の少年たち。犯した罪の代償はあまりにも大きい。2度とここには戻らないと誓う少年たちの心情が綴られています。
上巻とはだいぶ空気が変わる下巻は、三人の出所後を描く。世間は、殺人を犯した者の更正などこれっぽっちも信じないどころか普通に生きていくことさえ望んでない。てっきり下巻では、更正のストーリーと決め付けていただけにアレアレアレ・・・という感じです。それどころか銀行強盗を企てる方向に・・・ちょっと今後の展開が読めないどころか、更正なんて言葉は微塵も感じられず本当に救われないストーリー展開になってきました。
 そして最後の最後に絡んでくるのが加害者の憎悪。わからなくはないんですが、本当に若くして罪を犯した少年たちを追い詰めますね。犯した罪は非常に重いとは思いますが・・・でも、救いは必要だとおもいます。被害者の父親が「あなたの犯した罪をあなたが生きて多くの人に語りなさい。」といったことが少しの救いでした。
posted by tonmin at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。