とんみんくんのオススメ

手紙【東野圭吾】

手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
(2006/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。
兄の犯罪は、弟のためにと思い、それが弟を苦しめることになるわけです。犯罪加害者やその家族には、世間の差別は当然としてある。理屈ではわかります。でも、ここまで酷いものなのか?ではあなたはどうなのか?と問いかけられた時、やはり世間一般の反応を示すと思います。それなら、加害者家族はどのように生きていけばいいのか?大変難しい問題だと思います。悩み苦しみ、一時は、弟は、兄を切り捨てます。でも最後は、血のつながりは切れません。やっぱり兄弟なんだなと思いました。





posted by tonmin at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117834302

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。