とんみんくんのオススメ

流星ワゴン 【重松 清】

流星ワゴン (講談社文庫)流星ワゴン (講談社文庫)
(2005/02)
重松 清

商品詳細を見る

ひきこもり、暴力をふるう息子。浮気を重ねる妻。会社からはリストラ寸前……死を決意した37歳の僕は、死んだはずの父子が運転する不思議なワゴン車に乗り込んだ。

37歳・秋
「死んでもいい」と思っていた。
ある夜、不思議なワゴンに乗った。
そして――自分と同い歳の父と出逢った。
僕らは、友だちになれるだろうか?

28歳のときぼくは父親になり、父は「おじいちゃん」と呼ばれるようになった。親になってからの日々は、時間が重層的に流れる。小学5年生の長女を見ていると、小学5年生の頃の自分を思いだし、その頃の父のことも思い出す。少しずつ、昔の父のことがわかってきた。こどもの頃はあれほどおっかなかった太い腕が、じつは決して太くはなかったんだとも気づいた。長生きしてほしい、なんて口に出すのは嫌だから、ぼくは父親と家庭の物語を紡ぐ。――(重松清)
ブレイブストーリーの大人版と言ったところでしょうか。現実を”変えたい”と思っていても実際には、変える事はむづかしく、それを乗越える「勇気」をもらうところなんかそっくりです。でも、「勇気」をもらう過程は、ぜんぜん違います。そこは、重松清の「世界観」満載です。泣かせます、泣かせます。特に息子のいるお父さん必読です。電車の中で読まないように。
posted by tonmin at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。