とんみんくんのオススメ

初ものがたり【宮部みゆき】

初ものがたり (新潮文庫)初ものがたり (新潮文庫)
(1999/08)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

本所深川をあずかる回向院の旦那こと、岡っ引きの茂七が下っ引きの糸吉、権三と共に不思議な事件の数々に立ち向かう。歓び、哀しみ、苦悩、そして恋…。江戸下町に生きる人々が織りなす人間模様を描く連作時代小説。

物語が”初もの”にちなんだ内容になっていてこれには、うまい(おいしい)とうまい(感心)。本当に食べたくなります。宮部流の捕物帖は、ミステリーも絡めて宮部ワールドを織り成しています。宮部みゆきの時代小説は、本当にお気に入りです。稲荷寿司を売る屋台の親父の正体もなぞです。気になります。


posted by tonmin at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時代ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。