とんみんくんのオススメ

贖罪 【湊かなえ】

贖罪 (ミステリ・フロンティア)贖罪 (ミステリ・フロンティア)
(2009/06/11)
湊 かなえ

商品詳細を見る
取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせることになる―これで約束は、果たせたことになるのでしょうか?衝撃のベストセラー『告白』の著者が、悲劇の連鎖の中で「罪」と「贖罪」の意味を問う、迫真の連作ミステリ。本屋大賞受賞後第一作。

 『告白』での重い空気は健在です。殺された娘の母の言葉は、非常に重いです。そのことは、『告白』で実証済み。母親は、娘が殺されたのは少女の友だちのせいだという。それを言ったらダメでしょう。償いの負の連鎖、怖いです。でも『告白』『少女』のインパクトがあまりにも強かった為、期待しすぎました。犯人の少女への暴行は解せません。もう少し掘り下げて欲しかった。
posted by tonmin at 00:46 | Comment(1) | TrackBack(1) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。
いま「告白」を図書館で予約しているのですが、76人待ちです。始めは200人待ちでした……
Posted by ナマル−パ at 2009年08月02日 11:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124571369

この記事へのトラックバック

湊かなえ『贖罪』
Excerpt: 贖罪 (ミステリ・フロンティア)湊 かなえ東京創元社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『贖罪』を紹介します。本書は同著書『告白』と同形式の語り口です。1章ずつ当事者一人が一人称で語られます。..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2009-08-09 16:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。