とんみんくんのオススメ

ダイイング・アイ【東野圭吾】

ダイイング・アイダイイング・アイ
(2007/11/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る

記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める…。


サスペンスというよりホラー要素満載の小説です。そういう意味ではらしくない。でも、いつものどんでんは、満載です。そういう意味では、東野圭吾らしいです。最初から謎の答えはあったんですね。やっぱり今回もやられました。
posted by tonmin at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。