とんみんくんのオススメ

悪意【東野 圭吾】

悪意 (講談社文庫)悪意 (講談社文庫)
(2001/01/17)
東野 圭吾

商品詳細を見る

犯人が決して語らぬ動機加賀刑事の推理は!?
誰が?なぜ殺したのか!?超一流の「フー&ホワイダニット」

人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。人はなぜ、人を殺すのか。超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野文学の最高峰。


こんな難解な事件は、どんな些細なことも徹底的に調べる加賀恭一郎でなければ解けなかったでしょうね。何しろ残りページ1/4を残して事件は終わってたんですから。思い描いてた犯人像が180度変わるんですから。裏切りのどんでん返しはわかっているけど読めなかった。

posted by tonmin at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143648241

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。