とんみんくんのオススメ

1Q84 BOOK 3【村上春樹】

1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上春樹

商品詳細を見る

1949年にジョージ・オーウェルは、近未来小説としての『1984』を刊行した。そして2009年、『1Q84』は逆の方向から1984年を描いた近過去小説である。そこに描かれているのは「こうであったかもしれない」世界なのだ。私たちが生きている現在が、「そうではなかったかもしれない」世界であるのと、ちょうど同じように。
BOOK3は、二人の再会の為に存在する。(勝手な私の思い込みです)そのため、どうしても天吾と青豆の再会が望みでした。偶然か?必然か?すべての事柄に意味があったんですね。1984年とは違う1Q84年に2人が来たのも意味があったんですね。(これ以上は言えない)今後の2人についても知りたい気がする。必望BOOK4。
タグ:村上春樹
posted by tonmin at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。