とんみんくんのオススメ

その日のまえに【重松清】

その日のまえにその日のまえに
(2005/08/05)
重松 清

商品詳細を見る

神さまは意地悪だから、大切なひとを遠くへ連れ去ってしまう。昨日までの暮らしが、明日からも続くはずだった。それを不意に断ち切る、愛するひとの死-。生と死と、幸せの意味を見つめる連作短編集。『別冊文芸春秋』掲載。
続きを読む
タグ:感動物語
posted by tonmin at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーター、家を買う。【有川 浩】

フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
(2009/08)
有川 浩

商品詳細を見る

「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?崩壊しかかった家族の再生と「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、勇気と希望の結晶。
続きを読む
posted by tonmin at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風に舞いあがるビニールシート【森 絵都】

風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)
(2009/04/10)
森 絵都

商品詳細を見る

国連で難民事業に携わる里佳は、上司で元夫のエドがアフガンで死んだという知らせを受ける。そして、エドがアフガンで助けた少女のことを伝え聞き-。大切な何かのために懸命に生きる人たちの、6つの物語。
続きを読む
posted by tonmin at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チギレグモノ、ソラノシタ【石井 裕之 】

チギレグモノ、ソラノシタチギレグモノ、ソラノシタ
(2009/08/19)
石井 裕之

商品詳細を見る

セラピストであり、『心のブレーキの外し方』『コールドリーディング』『ホムンクルスの目』など、数々の自己啓発系ベストセラーを持つ石井裕之氏の初めてのオムニバス小説集。
ありふれた日常を生きる7人の若者が、不安やストレス、自己嫌悪から解放される短編は、それぞれの会話自体が読者にとってのセラピーになる、
「泣けて」&「具体的な処方箋が得られる」新感覚小説です。
続きを読む
posted by tonmin at 22:47 | Comment(1) | TrackBack(1) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アントキノイノチ【さだ まさし】

アントキノイノチアントキノイノチ
(2009/05)
さだ まさし

商品詳細を見る

21歳の杏平は、ある同級生の「悪意」をきっかけに、二度その男を殺しかけ、高校を3年で中退して以来、うまく他人とかかわることができなくなっていた。父親の口利きで、遺品整理業“CO‐OPERS”の見習い社員になった杏平の心は、亡くなった方とご遺族のため、汚れ仕事も厭わず汗を流す会社の先輩達、そして同い年の明るいゆきちゃんと過ごすことで、少しずつほぐれてゆく。けれど、ある日ゆきちゃんの壮絶な過去を知り…。生きることの重さを知るほど、生命は大切で重くなる。爽やかな涙が流れる、感動の書き下ろし長篇小説。
続きを読む
posted by tonmin at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族の言い訳【森 浩美】

家族の言い訳 (双葉文庫)家族の言い訳 (双葉文庫)
(2008/12/10)
森 浩美

商品詳細を見る

家族に悩まされ、家族に助けられている。誰の人生だってたくさんの痛み、苦しみ、そして喜びに溢れている―。作詞家・森浩美がその筆才を小説に振るい、リアルな設定の上に「大人の純粋さ」を浮かび上がらせた。『ホタルの熱』『おかあちゃんの口紅』はラジオドラマや入試問題にもなった出色の感動作。あなたの中の「いい人」にきっと出会える、まっすぐな人生小説をお届けします。
続きを読む
posted by tonmin at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きみの友だち【重松 清】

きみの友だち (新潮文庫)きみの友だち (新潮文庫)
(2008/06/30)
重松 清

商品詳細を見る

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる―。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない…。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。
続きを読む
posted by tonmin at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手紙【東野圭吾】

手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
(2006/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。
続きを読む
posted by tonmin at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンタ・エクスプレス―季節風 冬【重松 清】

サンタ・エクスプレス―季節風 冬サンタ・エクスプレス―季節風 冬
(2008/12)
重松 清

商品詳細を見る

 鈴の音ひびく冬が、いとおしい人の温もりを伝えてくれる。ものがたりの歳時記―「冬」の巻、12編。
続きを読む
posted by tonmin at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とんび【重松清】

とんびとんび
(2008/10/31)
重松 清

商品詳細を見る

昭和37年、28歳のヤスさんに長男アキラ誕生。この日から、「とんび」と「鷹」の長い旅路がはじまった――。著者自らが歩んできた時代へのオマージュを込め、魂で描ききった、愛すべき父親の物語。続きを読む
タグ:感動 小説
posted by tonmin at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感動物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。